失語症(*)の人が、家族や付添いの介護力に頼らず、できるだけ自分で活動することを促す企画です。

*失語症は、脳卒中や脳外傷により、一度獲得した言語能力(聞いて理解する・言いたいことを話す・読んで理解する・文字を書いて表現する・計算する)に支障が出てしまった状態です。そのため、言葉を使った日常的な活動の多くが失語症者にとっては困難になります。

過去の活動

2018年10月27日 13時〜16時

でかけ隊2018秋

盛会のうちに終了しました。ご来場ありがとうございました。

でかけ隊2018秋 もっと知ってもらおう失語症 『話したい 買いたい 楽しむ でかけ隊』
きゅりあん(品川区立総合区民会館) 6階 大会議室
住所:東京都品川区東大井5-18-1 大井町駅前
500円(資料代として)
失語症の方で買い物体験Ⅱへの参加を希望する場合は1,000円(資料代として)、要予約
 ・失語症に興味のある方もない方も、どなたでもお越しください
 ・見学のみの場合は無料です

主催: 品川失語症友の会
後援: 品川区、NTT東日本関東病院 NPO法人日本失語症協議会、一般社団法人 東京都言語聴覚士会、品の輪~品川区リハビリテーション・ネットワーク~横浜失語症者のコミュニケーションを支援する会、一般社団法人 結ライフコミュニケーション研究所

でかけ隊買い物体験(13:00〜16:15)

買い物体験の合間に、ミニお話会をお楽しみください

13:30〜13:45 お話1:東京都言語聴覚士会、和音
14:00〜14:30 お話2:品川失語症友の会
15:00〜15:20 お話3:ゆうじ屋 裕二さん
16:00〜16:15 お話4:東京都言語聴覚士会、和音(お話1と同じ内容です)

ゆうじ屋の裕二さんって???


実方裕二さん
電動車椅子によるケーキの移動販売及びCafeゆうじ屋(三軒茶屋)の経営を行っています。重度の脳性麻痺で手足が不自由で発話障害があります。

買い物体験Ⅰ どなたでも参加OK


参加者は、会場で使えるイベント通貨『歩』がもらえます。各ブースを回り、ブースごとの体験に応じた金額(歩)で支払いのやりとりをします。どんな工夫があれば失語症の方がよりよく買い物ができるかに気づく体験もできます。

買い物体験Ⅱ 失語症の方対象・要予約


買い物体験Ⅱは、失語症の方が対象です。会場で使えるイベント通貨『ユージ』を使って、ゆうじ屋でひとり2個までケーキを買えます。

買い物体験

関連団体・企業が集合!

品川失語症友の会

脳卒中や事故外傷等で、読む、書く、話す、聞く、計算する能力に困難が生じるのが失語症です。品川失語症友の会では言語聴覚士の指導の下、月1回集まって訓練しています。その他、年2回のバス旅行やでかけ隊の活動、クリスマス会などの行事を楽しんでいます。

NPO法人

日本失語症協議会

協議会は日本全国の仲間連携し、失語症福祉環境整備の為、国への陳情を重ねています。

生活工房ひとくふう

ユニバーサルデザインを要とし、個々の生活がより快適になるようアイディアを紹介しています。

アドバンプレス

意思伝達支援ノートがタブレット用アプリに!単語は写真に撮って追加できます!!

エスコアール

絵カードにタッチで発声する音声ペン等の失語症訓練教材や失語症関連の書籍を展示。

オフィス結アジア

「指伝話メモリ」などのコミュニケーションアプリや滑り止めシート「スベラナイト」、見て触れてください。

シマダ製作所

失語症の回復を願って作られた、簡単に使える在宅用の会話補助&言語訓練器です。ぜひお試しください。

 

相談コーナー

言語聴覚士・失語症会話パートナーにご興味がおありの方はお声がけください

東京都言語聴覚士会

和音